花忍者についてご紹介!

皆さんこんにちわ!
花忍者(はなしのび)のshiN5(シンゴ)です!
僕が花忍者のコラム第1号ということで、ざっくりではありますが僕らの紹介をさせてください!

花忍者とは

「花振袖の舞」は伝統文化と現代文化を融合させた舞台で、僕ら花忍者は忍者特有さながらの機動力を活かし、ダンスとアクロバットのパフォーマンスをしています。

インストラクターとして子供達にダンスやアクロバットを教えているメンバーを始め、ダンスの世界大会を3連覇したメンバーもいます!これは見にくるしかないですね!!笑

是非息を飲むショーに足を運んでみて下さい!

さて紹介&宣伝はこの辺にして、観に来てくださった方はわかると思いますが、忍者とはいえ、公演中に手裏剣を投げたり、刀などは使いません!
ですが「忍者です」と自己紹介するくせに手裏剣も投げれないわけにはいきませんね?
ということで、年始に手裏剣を投げる練習をしてきました!その結果、1名の忍者以外は見事に的に当てることができました!(リーダーのAYATOくんは見事に的から外れていました。笑)

忍者の持ち物

忍者は手裏剣以外にも足止めに使う撒菱(マキビシ)や壁に引っ掛けてよじ登る鉤縄(カギナワ)が有名ですが、それら以外に赤・青・黄・黒・紫の5色に染めた「五色米」というものを持っていたそうです!これを並べて置く順番で「この先に敵がいる」などの暗号を仲間に伝えていました!
忍者って頭良い!僕も今日から米粒を持ち運ぼうと思います!
外で僕とあった時に体に米粒がついていても、そういうことなのでそっとしておいてください。笑

今回はここまで!

では、花劇場でお会いしましょう!!待ってます!